えがおグループのポジティブ・アクション 女性活躍推進宣言 えがおグループは、ポジティブアクションを推進いたします!

*

*

?

ポジティブアクションとは

固定的な男女の役割分担意識や過去の経緯から、
「営業職に女性はほとんどいない」
「課長以上の管理職は男性が大半を占めている」等の差が、
男女労働者の間に生じている場合、このような差を解消しようと、
企業が行う自主的かつ積極的な取り組みのことです。

えがおグループのポジティブアクション基本方針

えがおグループにおける人事政策は、多種多様な価値観や属性を有する人財の活用を積極的に推進する
「ダイバーシティマネジメント」を根幹としています。

女性にとって働きやすく、その能力を発揮するための条件

えがおグループでは女性が能力を発揮するために、以下の条件が必要と考えております。

  • 女性の個人の意欲や能力、適性等に基づいて、平等に機会を与えられ、公平公正に評価され適切に処遇されること
  • 出産・育児による負担で、退職しなくても済むような体制をつくること
  • 女性のキャリア志向の支援や管理職へのキャリアアップを促進すること
  • 男性の意識を変え、育児をしながら働く女性を理解・支援すること


  • *
  • *
  • *
  • *

えがおグループのポジティブアクション取り組み内容・具体策

えがおグループでは上記環境の実現に向け、次のような取り組みを推進しております。

  • 女性の積極雇用 - 2014年4月入社37名中25名:女性67%
    直接雇用者の男女別構成比 - 女性69% 男性31%
  • 女性社員の積極的な役職者登用-女性執行役員2名(執行役員2名中)
  • 受電部門への正社員時短勤務制度の導入・定着
    受電部門で働く女性正社員については、6時間勤務又は4時間勤務を選択できる制度
  • 会社復帰制度の導入
    結婚、出産、転職等により、退職した社員を、一定の基準を基に正社員として再雇用
  • 組織のモチベーションUPに繋がる制度提供
    マネジメントを目指す総合職、受電業務などのスペシャリストを目指す貢献職制度の提供
  • 配置転換制度の多様化と働き続けるための運用


*

今後の取り組み予定

  • シングルマザーの支援の一環として、通勤可能地域以外からの転職者には、借り上げ社宅を提供(コールセンター勤務者)
  • 託児所利用制度
    本年12月の新社屋移転後より、新社屋内設置の託児所を一定の基準のもと利用できる