「えがおのブルーベリー」よくあるご質問

ビルベリーとブルーベリーは異なるものですか?

ビルベリーはブルーベリーの一種です。日本でブルーベリーといえば、栽培種のラビットアイブルーベリーとハイブッシュブルーベリー、野生種のローブッシュブルーベリーとビルベリーの4種を総称するのが一般的になっています。栽培種の種類の多くが生食用やジャム等として流通しています。

吸収型ビルベリーエキスだと、なぜ吸収率が約2倍(当社比)なんですか?

※BELAN社調べ
US 8,173,180 B2(米国 特許番号)

一般のビルベリーエキスは中に含まれているアントシアニンが酸化によって変質しやすく、体内への吸収率が安定していません。一方、「吸収型ビルベリーエキス」の場合、酸化の影響を受けません。そのため、体内にしっかりと吸収され、本来の力を十分に発揮する事ができます。

目安量よりも多く摂ってもいいですか?

お客様に合った飲み方をしていただけるよう1日の目安量を1~2粒と幅を持たせています。お客様の中には、仕事や趣味などに応じて2~3粒に増やして“はっきり”を実感されている方もいらっしゃいます。ぜひ自分の生活スタイルや、その時の体調に合わせた飲み方をお試しください。

病院の薬と一緒に飲み続けても大丈夫ですか?

基本的には併用しても差し支えありませんが、お薬によっては稀に兼ね合いが問題になる場合もありますので、かかりつけのお医者様にご相談ください。
えがお「お客様相談室」では 弊社のサプリメントとお薬の成分同士の飲み合わせを薬剤師監修のデータに基づいたシステムを利用して お答えいたします。
ぜひ、お気軽にご連絡ください。
お客様相談室:0120-241-444
受付時間:月~土(日祝除く 9:00~18:00)

どのように保存すればいいですか?

直射日光や高温多湿の場所はさけ、パッケージのチャックをしっかり閉め、なるべく涼しい場所での保管をお願い致します。
ソフトカプセルは急激な温度変化に弱いため、下記の2点にご注意ください。

(1) 直射日光が当たる場所やオーブンレンジ、電子レンジなどの電化製品周辺の保管はお控えください。
ソフトカプセルは、温度が50度を超えるような場所で保管されますと粒同士がくっつきやすくなります。
[保管を避ける場所]
直射日光があたる窓際、調理器具の近く、電化製品の周辺、暖房器具の近く・夏場の車中など

(2) 極端に温度が低い場所での保管はお控ください。 ソフトカプセルは、温度が低い場所で保管されますと粒が硬くなります。この状態で外からの衝撃が加わると割れる場合がございます。
[保管を避ける場所]
冷蔵庫内・冬場の屋外など

粒と一緒に入っている小さな袋は何ですか?

『えがおのブルーベリー』の袋に入っている小さい袋は、ブルーベリーの香りのする香り袋です。ブルーベリーのほのかな香りを感じていただくために香り袋を入れております。食品ではございませんので、口に入れないようにしてください。
誤って食べても、食べたものの大部分は体外に排出されてしまいますが、まれに炎症を起こすことがあります。誤飲した場合には、水分を飲ませ、様子を見てください。目に入った時は、擦らないようにして流水で洗浄してください。必要な場合は病院へご相談ください。

ブルーベリーの香りがするのですが、なぜですか?

ブルーベリーのほのかな香りを楽しんでいただくために、香り袋を入れております。

美味しそうな香りがするので、粒をかんでもいいですか?

ブルーベリーのほのかな香りを感じていただくために香り袋をいれておりますが、粒自体にブルーベリーの味はついておりませんので、噛まずにお水などでお召し上がりください。

ブルーベリーを使っていると言う事は甘いのですか?

実際に甘い味はしません。
砂糖のような、味覚のための甘味料は使用していません。

ビルベリーを使っているのに、なぜ商品名は、『えがおのブルーベリー』なのでしょうか?

『えがおのブルーベリー』は、「北欧産野生種ビルベリー」を使用しているため、商品名にも「ビルベリー」とつけることを検討しましたが、お客様にとってブルーベリーの方がわかりやすいと判断したため、『えがおのブルーベリー』にいたしました。

「えがおのブルーベリー」が取得している実用新案とはなんですか?

実用新案とは、物品の形状等の技術的なアイデアが特許庁に登録されたものです。