トップページ > 健康サプリ >  えがおの爽臭粒 > 臭いに関する基礎知識 > お酒・タバコと体臭・口臭

お酒・タバコと体臭・口臭

体臭や口臭、加齢臭をさらに悪化させると考えられているのが、お酒やタバコです。「お酒臭い人」、「タバコ臭い人」といった言い方をされることがありますが、たしかにお酒やタバコの臭いが、体臭や口臭として発せられることはあります。

お酒のもととなるアルコールは、それ自体が強い臭いを持っています。強い臭いがするものを体内に取り込んでいるので、体臭や口臭がするのも当然のことといえるでしょう。口臭だけで済んでいる場合は、口の中に残っているアルコールの臭いや、胃や食道に留まっているアルコールの臭いが出てきているものと考えられます。アルコールが体臭となって出てきている場合は、そのメカニズムは少し複雑です。

お酒を飲むと、アルコールの作用によって汗をよくかくようになります。アルコールは血管を拡げるほかに、体温を上げたり、汗が出る汗腺の活動を活発にしたりする働きがあるからです。また、アルコールは高カロリーであるため、体内で熱を多く作りだして、余計に汗をかきやすい状態になります。さらに、アルコールは代謝が進むにつれて、アセトアルデヒドなどのより強い臭いを発生させる成分に変化していきます。それらの成分の一部は、息や汗からも出てくるようになります。飲み過ぎや二日酔いの人から、独特の体臭・口臭がするのは、このようなメカニズムが働いているからです。

タバコもアルコールと同様、もともと非常に強い臭いを発生させるものです。また、タバコによる体臭も、アルコールと同じように汗の出方と関係しています。タバコに含まれるニコチンは、脳内の体温調整中枢などを刺激するため、発汗作用を引き起こします。汗が細菌などによって分解され、汗臭くなっているところに、タバコの臭いが一緒になると、大変な臭いになるのは容易に想像がつくはずです。ちなみに、タバコの臭い成分は4,000種類もあるといわれており、タバコがいかに臭いを発生させるものかが、この数字から分かりますね。しかも、それらの成分は体内で活性酸素を増加させるため、ますます体臭が強くなっていくのです。