Egao Beauty

えがお通販TOPへ
MENU

コラム

ビューティコラム

2019.12.25

あなたはどのタイプ?タイプ別の冷え性対策で冬を乗り切ろう!

画像出典:PiXTA


女性の永遠のテーマともいえる冷え性の悩み。なんと日本人女性の2人に1人は冷え性だといわれています。そこで今回は、冷え性のタイプと改善方法についてご紹介します。

あなたの冷え性タイプをチェック!

画像出典:PiXTA


冷え性のタイプは大きく分けて、次の4タイプに分かれます。どのタイプに当てはまるかチェックしてみましょう。

「末端型」冷え性

手や足の先がよく冷えるタイプ。このタイプの主な原因は血流の流れの悪さだと考えられており、女性に多いと言われているのが特徴ですが、これは、筋肉量が少なく体脂肪率が高いことや、月経による血行不良や自律神経の乱れが影響していると言われています。

また、日々のストレスによっても血流が悪くなります。仕事などで生じたストレスを解消できないままでいると、身体に血を行き渡らせる自律神経が乱れてしまいます。

この他にも、寝る前にスマホやタブレットを閲覧していると交感神経を高め、血流が流れにくくなる原因といわれています。

「内臓型」冷え性

よくお腹が冷える、お腹が張る、といった場合はこのタイプになります。
また、寒い場所で太ももや二の腕が冷えやすいのも特徴です。

「内臓型」冷え性は内臓に血液がきちんと行き渡らないことで起こると考えられています。身体の表面に現れる冷え性ではないので初期では自覚しにくいですが、内蔵機能の低下につながるおそれがあります。

このタイプの原因は湯船につからずシャワーのみですませる、薄着が多い、冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎなどと考えられています。

また体質的に熱が外へ逃げやすい場合にも起こりやすいといわれています。

「下半身型」冷え性

ふくらはぎやお尻など、腰から下が冷えやすくなるタイプがこの「下半身型」冷え性です。

デスクワークによる座り仕事が多い場合に、このタイプの冷え性になりやすいといわれています。

このタイプの原因としては下半身の血流の流れにあると考えられています。長時間座ったままや、同じ姿勢を取り続けると下半身の筋肉が硬直します。それによって下半身の血行が悪くなり、冷えにつながってしまうといわれています。

また運動不足による下半身の筋力低下も、「下半身型」冷え性の原因になると考えられていますので、日頃から適度な運動を意識して行うようにしたいものです。

「全身型」冷え性

体温が低く、季節や天候に関係なく寒さを感じるタイプ。身体の内側と外側の両方に寒さを感じやすいのが特徴といわれています。

筋力が少ない若い女性や高齢者に多く見られます。また生活の中で運動をする習慣のない方でも起こりやすいといわれています。

このタイプの冷え性の原因としては、筋力不足や基礎代謝量の少なさが考えられています。身体のエネルギーを作り出す栄養素が足りていないため、血流が悪くなり冷えにつながりやすいといわれています。

タイプ別 冷え性対策

画像出典:PiXTA

ここではタイプごとの冷え性対策について解説します。ご自身の症状に合った対策を取り入れ、身体を温めていきましょう。

「末端型」冷え性の対策方法

手や足の先など末端が冷えやすい場合は、きちんとした食事をとることが大切。過度なダイエットはせず、食事量と栄養バランスを考える必要があります。とりわけ根菜や生姜などの食品は栄養価があり、身体も温めてくれるので食事に取り入れてはいかがでしょうか。

食事の他には、お風呂につかることも有効です。身体をポカポカ温めてくれるだけでなく、心身をリラックスさせたり血流を良くしてくれたりします。

「内臓型」冷え性の対策方法

「内臓型」冷え性に悩んでいる時は、内臓を温めることが肝心です。

冷たいものは内臓を冷やす原因となりますので、なるべく避けましょう。冬はもちろん、夏場など暑い時期でも暖かい食べ物や飲み物をとるようにすることを心がけましょう。

また内臓を温めるために、適度な運動を行うこともいいでしょう。無理のない程度にストレッチをする、散歩をするなど軽い運動を心がけるのがおすすめです。

「下半身型」冷え性の対策方法

下半身部分が冷える時は、ふくらはぎやお尻を鍛えるなど適度な運動を行うことが効果的であると考えられます。お尻のところにある筋肉「梨状筋」を鍛えることによって、下半身への血液の流れを良くすることができるでしょう。

また下半身を冷やさないよう、服装もなるべく暖かい服装にするよう心がけましょう。おしゃれを優先して薄着にされる方もいらっしゃいますが、冷え性を緩和したいのであれば暖かい服装をおすすめします。

「全身型」冷え性の対策方法

身体全身が冷える時は、基礎代謝量を上げることが重要です。生活の中で散歩やストレッチをするなど、運動を習慣づけ、筋肉を鍛えるようにしましょう。筋肉を鍛えることで基礎代謝が良くなり、身体全体に血が巡りやすくなります。

また身体から熱を逃さない工夫も必要です。厚着をして体温を保持したり、温かい食べ物や飲み物をとるなどしましょう。

冷え性は女性だけのものではない!

画像出典:PiXTA

冷え性は女性に多いイメージがありますが、最近では男性でも悩んでいる方が多いといわれています。

デスクワークが多い、運動する習慣がないといった場合、筋肉量や基礎代謝が低下します。それにより血流が悪くなり、男性でも冷え性になりやすいと考えられています。

対策としては女性と同じく、適度な運動を行う、温かいものを摂取するといった習慣づけを行うことが大切です。

TOPに戻る