えがおのポジティブ・アクション 女性活躍推進宣言 えがおグループは、ポジティブアクションを推進いたします!

*

*

?

ポジティブアクションとは

固定的な男女の役割分担意識や過去の経緯から、
「営業職に女性はほとんどいない」
「課長以上の管理職は男性が大半を占めている」等の差が、
男女労働者の間に生じている場合、このような差を解消しようと、
企業が行う自主的かつ積極的な取り組みのことです。

えがおのポジティブアクション基本方針

えがおにおける人事政策は、多種多様な価値観や属性を有する人財の活用を積極的に推進する
「ダイバーシティマネジメント」を根幹としています。

女性にとって働きやすく、その能力を発揮するための条件

えがおでは女性が能力を発揮するために、以下の条件が必要と考えております。

  • 女性の個人の意欲や能力、適性等に基づいて、平等に機会を与えられ、公平公正に評価され適切に処遇されること
  • 出産・育児による負担で、退職しなくても済むような体制をつくること
  • 女性のキャリア志向の支援や管理職へのキャリアアップを促進すること
  • 男性の意識を変え、育児をしながら働く女性を理解・支援すること


  • *
  • *
  • *
  • *

えがおのポジティブアクション取り組み内容・具体策

えがおでは上記環境の実現に向け、次のような取り組みを推進しております。

  • 女性の積極雇用
    2017年4月入社 35名中25名:女性割合71.4%
  • 女性社員の積極的な管理職の登用
    役員:2名
    管理職(課長以上):5名
    ※女性管理職比率 22.2%(2016年2月)→ 27.2%(2017年3月)
  • チャレンジ社員制度
    パート社員の正社員登用制度
  • 時短勤務制度
    6~8時間の間で勤務時間の選択が可能(原則子どもの3歳の誕生日まで)
  • 無期限雇用転換ルールの早期導入(規定有)
    勤続2年以上の有期雇用のパート社員を対象に2017年1月より独自の無期雇用制度を導入
    選任社員と位置づけ、固定給のパート勤務体系を新設
  • えがお独自のプレミアムフライデーの導入
    全社ルールとして金曜日の午後は会議やミーティングを入れないこととし、午後半休取得を推進。
    毎週実施し、土日合わせて2.5連休が取得可能
  • ひとり親支援
    借上げ社宅を安価で提供(規定有)/社員食堂での持ち帰り惣菜の割引販売/ひとり親支援相談窓口の設置/ひとり親支援ブログの運用/子育て・教育備品、生活用品のリサイクル活動
  • 働きやすい施設の完備
    -企業内保育園(規定有)
    シフト勤務者でも安心して預けられるよう、7:30~20:30までで開園している企業内保育園(認可保育園)を完備

    -社員食堂・社内カフェ
    「健康」をコンセプトとした管理栄養士常駐の社員食堂で、栄養バランスのとれた食事を1日3食提供。
    併設された社内カフェでは、自社商品や健康素材を使ったドリンクや軽食なども提供

    -リフレッシュルーム
    マッサージチェアやリクライニングチェアが並ぶ休憩スペースを完備

    -トレーニングジム・スタジオ
    本格的なトレーニング機器が並ぶジムと、ヨガやピラティスなど、日替わりのプログラムが体験できるスタジオ完備

    -研修・保養施設
    広大な自然を望む南阿蘇に研修兼保養施設を保有


*

今後の取り組み予定

  • 全国からシングルマザーの積極雇用を実施