その先に「成長」と「達成感」がある

経営管理部 経理課
2016年度入社
冨安 悠太郎

私と「えがお」

「人とのかかわり」のおかげで、未経験の検定にも合格

入社1年目の7月、現在の部署に配属されてすぐのことです。当時の私は、経理や財務に関する知識に乏しく、先輩方についていくのに必死でした。そんななか上司から告げられたのは「日商簿記検定取得」というミッション。簿記について専門的に学んだ経験がなく、すぐに参考書を買いに走りました。独学で勉強を続ける日々。普段の業務と並行して検定の勉強をすることは非常に大変で、うまくいかない自分に悔しさを感じることもありました。そんなとき、同じく検定取得を目指すチームのメンバーが、「絶対に一緒に合格しよう! みんなで勉強会を開こう」と声を掛けてくれました。そこから、チームメンバー全員で協力し、教え合うことができました。もちろん上司からも、分かりやすいアドバイスをいただくこともありました。そして迎えた結果発表。結果は見事合格!心から嬉しかったことを覚えています。
この他にも、先輩や上司の業務を引き継ぐ為に、自分の専門知識やスキルを毎日学び、1年間必死に努力を続けました。この姿勢を会社から評価され、最も成長した社員を表彰する「ルーキー賞」をいただいたことも、今の自分の自信につながっています。

成長できた瞬間

新しいことにどんどんチャレンジできる環境が、成長を生んでいると感じます。入社後、私は、同期33名の総リーダーを任されました。今までリーダーの経験が無かったこともあり、全員で課題をクリアするためにはどうしたらよいか悩むこともありました。しかし、ミーティングを開いたり、時にはみんなの前に立って厳しい指摘をしたりと試行錯誤を繰り返すなかで、最初はバラバラだった同期が少しずつまとまっていく手応えのようなものを感じました。全員で課題を乗り越えたときは何ともいえない達成感を味わいました。同期は心から信頼し、切磋琢磨できる大切な存在です。
現在、業務において上司から難しい課題を指示されることもあります。はじめから「無理」ではなく「どうしたら達成できるか」を考え努力することができるのは、総リーダーにチャレンジした経験があるからだと思います。

今後の目標

上司が行っている仕事を全て任せてもらえるようになることが目標です!
その為に、経理財務の専門知識はもちろん、経営についても勉強中です。新たな分野や難しいことに挑むには勇気がいりますが、今後も自身の専門知識とスキルを高め、今まで以上に成長出来るよう努力と挑戦を続けていきます。
そして、社員の中心となってえがおを日本一の会社へ導きます!