えがおコラム

2019.4.22更新

乾燥・くすみ・たるみ…年齢肌のお悩みを撃退!30代からの美肌ケア

画像出典:PiXTA


お肌の悩みは年齢が進むごとに気になり出すもの。30歳をすぎると、若いときにはなかった肌トラブルに戸惑う人も多いのでは?今回は、乾燥やくすみ、たるみなど、30代から目立ちはじめるいろいろな肌トラブルと、そのケア方法をご紹介します。


年齢肌のお悩み①乾燥

画像出典:PiXTA

年齢肌の悩みのなかでも代表的なのが乾燥。カサカサした肌はお化粧のノリも悪くなるうえ、化粧水がヒリヒリしみることまであってつらいですよね。ふだんのケア方法を見直すことで、うるおいのある肌を目指しましょう。

・乾燥対策には何よりも「保湿」が重要
保湿は乾燥肌対策のためのファーストステップです。水分と、水分を守るバリアとなる油分をバランスよく補給しましょう。

化粧水で水分を補ってから、クリームやオイルでふたをしてあげるのが基本のやり方です。化粧水だけでは水分がどんどん蒸発してしまいますし、オイルだけでは内側が乾燥したままのインナードライとよばれる状態になってしまいます。

また、お肌に水分をキープしているのは細胞間脂質。乾燥が気になるときは、細胞間脂質の減少が原因とされています。似たはたらきをする成分が配合されたスキンケアアイテムを活用しましょう。

・洗顔を見直してみよう
乾燥の原因は、間違った洗顔方法にあることも考えられます。とくに、朝晩に洗顔料を使って顔を洗う習慣がある方は要注意。洗顔は汚れを落とすために必要なものですが、お肌に大切な皮脂まで落としすぎている可能性があるのです。
朝保湿をしても午後には乾燥しはじめてしまう場合は、朝の洗顔をストップして、ぬるま湯だけに変えてみましょう。

クレンジングも、必要以上に強い洗浄力のものを選ぶのはNG。クリームやミルク状のものを使ってお肌になじませたうえで、やさしくマッサージするように汚れを落としてあげてください。

年齢肌のお悩み②くすみ

画像出典:PiXTA

元気がなさそう、老けて見られるという人は、くすみケアが大切です。お肌のくすみはメラニン色素やヘモグロビンの量が原因だと言われています。血行不良が影響しているケースが多いので、日頃から少しずつ生活習慣を整えていきましょう。

・温活で血行不良を改善
冷えで血行が悪くなると、血色が暗く見えます。体を芯から温める「温活」でくすみ改善を目指しましょう。

なお、血行を促進するには、温感コスメや炭酸ケアが便利。濡れタオルを1分ほどレンジで温める蒸しタオルもおすすめです。メイク前にサッと取り入れられるので、長く続けられそうですね。
また、体を冷やさないように、冷房や冷たい飲み物にも注意したいところ。エアコンは乾燥の原因にもなります。

・生活習慣から改善
生活習慣のなかにも、くすみの原因が隠れている可能性があります。
仕事帰りの電車の中で、窓に映った自分の顔を見てくすみを実感したことはありませんか?ある研究によると、疲れたときや睡眠不足のとき、特にくすみを実感する人が多いそう。またこの割合は、加齢とともに増加傾向にあるようです。

いつもより疲れているときは体を休めて疲労回復に努めたり、睡眠習慣を見直したりしてみましょう。とくに、睡眠の質に影響を与える「寝ながらスマホ」には要注意。スマートホンのブルーライトには覚醒作用があり、さらに悪影響を与えることもあるため気をつけてください。

年齢肌のお悩み③たるみ

画像出典:PiXTA

年齢を重ねると、たるみやシワ、フェースラインのゆるみも気になってくるところ。たるんだお肌を引き締めて、いつまでも若々しい印象を保ちたいですね。マッサージで顔の筋肉をほぐして弾力を取り戻し、リフトアップを目指しましょう。

・簡単!マッサージでたるみケア
たるみが気になる人は、定期的なマッサージを取り入れてみましょう。自宅で簡単にできるリフトアップや引き締めにおすすめのマッサージ方法を紹介します。

<顔全体のリフトアップに>
咀嚼筋(そしゃくきん)をほぐすことで、顔全体のお肌の引き上げを目指すマッサージです。咀嚼筋は、顔の両頬骨の下、1.5cmくらいのところにあります。

画像出典:PiXTA

1.咀嚼筋の上に親指を乗せて、他の指は耳の上で固定します。
2.指で圧を加えながら、口をあぐあぐと開閉しましょう。
3.これを6回ほど繰り返してください。

<ほうれい線対策に>
ゴルゴラインやほうれい線が気になる場合は、小鼻の脇を刺激します。

1.人差し指と中指を小鼻の脇へ添えます。
2.指で圧を加えながら「え」「お」の形に口を大きく動かします。
3.骨や筋肉の動きを指で感じながら、「えおえお」を10セット繰り返しましょう。
4.小鼻の脇からスタートして、外側と上側の方向へ左右4点×4ライン、全部で16ヶ所行います。


肌は年齢とともにいろいろなトラブルが目に見えやすくなる場所。それをケアするには毎日の生活のなかで工夫することが大切です。手軽にできるマッサージやスキンケアで、若々しいお肌のキープを目指しましょう。

参考サイト

乾燥肌を徹底改善!今すぐやめるべき40代のスキンケア

【保存版】セルフでできる乾燥肌対策!カサつき肌になってしまう原因って…?

肌のくすみとは?くすみの取り方は?|化粧品や食べ物で肌のくすみを改善!

身近な習慣がくすみの原因!? 若い女性の肌を襲う「5大くすみリスク」

マイナス5歳を実現する「顔のたるみ」決別マッサージ

3分でできる!ハンドマッサージによるたるみ対策

角層の細胞間脂質

睡眠を見直して新陳代謝を活性化

ストレス性乾燥肌の悪循環。



コラム一覧へ戻る

えがおの広場 詳しくはこちら

PAGE TOP