えがおコラム

2019.5.22更新

家族で満喫!子連れバーベキューを楽しむコツと持ち物まとめ

画像出典:PiXTA


さわやかな風が気持ちいい新緑の季節。アウトドアにぴったりの時期は、家族でバーベキューを楽しみたいと考えている方も多いでしょう。
ただし、小さな子どもと一緒にバーベキューを楽しむためには、ちょっとした工夫や準備が必要です。今回は、子連れバーベキューを成功させるコツをご紹介します。


子どもを飽きさせない場所選びが大事

画像出典:PiXTA

まず大切なのは場所選び。はりきって本格的なキャンプ場を選びたくなりますが、頑張りすぎると親も子も疲れてしまいます。とくに初心者の場合は、以下のポイントを押さえることが重要です。

・自宅からなるべく近い
車で長時間の移動は、子どもにとって退屈で疲れるもの。どんなに充実したバーベキュー場でも、移動疲れを起こしては楽しさも半減してしまいます。
できれば自宅から30分以内で到着できる場所がベストでしょう。遠くても1~2時間以内で移動できる場所を探してあげてください。

・トイレや水回りの設備が整っている場所
大人向けの本格的なキャンプ場などは、トイレが使いにくいことも。事前にチェックし、清潔で子どもが使いやすいトイレのある場所を選んでください。
また洗い場が広くてキレイだと、後片付けが簡単です。子どもと一緒にお皿洗いもしやすくなるでしょう。

・現地でレンタルできるアイテムが多い
子どもを連れたおでかけは、どうしても荷物が増えてしまいがち。さらにコンロや炭など、バーベキュー用の道具や食材を持って行くのは大変です。また、現地で準備にバタバタしてしまうと、子どものことをよく見てあげられずに退屈な思いをさせてしまうかもしれません。
そこでおすすめなのが、必要な道具を一通りレンタルできるバーベキュー場。近年では食材まで用意してくれ、手ぶらで訪れることのできる施設もたくさんあります。

子連れバーベキューに持って行くと便利なグッズ

画像出典:PiXTA

必要な道具や食材はできるだけレンタルで間に合わせたいところですが、レンタル品にはない子ども向けのアイテムは自分たちで用意する必要があります。あると便利なおすすめのグッズをご紹介します。

・水鉄砲
大人が準備をしている間や食事の後などに遊べるおもちゃは重宝します。水鉄砲なら遊び道具としてはもちろん、ちょっとした消火にも使えるので、火の見張り役をお願いするのにぴったりです。

・バケツ
近くに川や海がある場合、子どもが水遊びをしたり採った生き物を入れたりするのに使えます。また、水を運ぶときや炭の片付けにも役立つので、ひとつあると何かと便利です。

・キッチンバサミ
焼いた肉や野菜を、まな板を使わずそのまま小さくカットできます。いつもの食事とは違う豪快な食べ方に、子どももワクワクしてくれるでしょう。

・子ども用の食器
子どもにとって紙皿や割り箸はちょっと使いにくいもの。使い慣れたプラスチックのコップやフォークなどを持って行ってあげると、ストレスなく楽しめます。

・着替え&救急セット
基本的に屋外で過ごすことになるので、汚れたときのための着替えを持って行きましょう。絆創膏や消毒液、軟膏や虫避けグッズなども持参すると安心です。

子どもがよろこぶ料理で盛り上がろう!

画像出典:PiXTA

シンプルにお肉や野菜を焼くのもいいですが、ちょっとしたアレンジを利かせたこんな料理はいかがでしょうか?子どもがよろこんで食べてくれる、おすすめメニューをご紹介します。

・ハンバーガー&ホットドッグ
バンズとレタスを持参して、焼いたお肉を挟めばお手軽ハンバーガーの完成です。お肉はあまり得意じゃないという子どもには、ウインナーを挟んだホットドッグがおすすめ。ウインナーは子どもに人気の食材で、アレンジも利きやすいので重宝します。

・餃子の皮ピザ
パリパリ食感が楽しい餃子の皮を使ったミニピザ。網に餃子の皮を乗せ、ピザソース(ケチャップでもOK)を塗ったら好きな具材を乗せて焼くだけです。定番のチーズやサラミ、コーンなどのほか、バナナやチョコレートを乗せればデザートにもなります。

・焼きフルーツ
リンゴやバナナ、オレンジなどのフルーツを網に乗せて焼くだけの簡単デザートです。バナナやオレンジは皮ごと豪快に焼くとホクホクに。リンゴはシナモンシュガーを振ったり、バターやはちみつと一緒にアルミホイルで包んだりしても美味しいですよ。

子どもにも役割を与えて協力し合おう

画像出典:PiXTA

バーベキューには力仕事や火の扱いがつきもののため、つい大人だけで準備や調理を進めてしまうかもしれません。しかし、大切なのは家族全員が参加すること。子どもにできる仕事もたくさんあるので、できそうな役割を任せてみましょう。

おすすめのお手伝い
・野菜などの食材を洗う
・お皿を並べる
・火をうちわで扇ぐ
・焼いている肉をひっくり返す
・燃えそうな枝を拾ってきてもらう
・ゴミの仕分けをする

パパやママに仕事を任せてもらえると、はりきってバーベキューに参加してくれるはずです。

子どもと一緒にバーベキューを楽しむ最大のコツは、自分たちに合ったスタイルにすることです。とくにバーベキュー初体験の子どもであれば、さまざまなアクティビティができる本格派のキャンプ場でなくてもしっかりと心に残るはず。レンタル品や簡単レシピを上手に活用し、楽しい思い出を作りましょう。

参考サイト

家族全員が満足!BBQの楽しみ方と焼き方のコツ | 子供とお出かけ情報「いこーよ」

子供が喜ぶバーベキューは初心者でもできる?食材やレシピ、遊び方 | MARCH(マーチ)

初心者でもOK! 子どもとキャンプ&バーベキュー特集 - ハピママ*



コラム一覧へ戻る

えがおの広場 詳しくはこちら

PAGE TOP