えがおコラム

2020.12.25更新

青汁飲み比べ座談会

青汁飲み比べ座談会


司会:本日はえがおの青汁シリーズを代表する 「えがおの青汁満菜」、「ぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス」、「えがおのまるごと飲む野菜」、「えがおのヨーグルトクレンズ青汁 酵素+乳酸菌」、「BEAUTY BODY CONTROL Fiber Green」の5つの商品について飲み比べながら、それぞれの特長について話していきます!
まずは、「えがおの青汁満菜」から飲んでみましょう。

「えがおの青汁満菜」の特長 ・主原料は自然な甘みを持つ九州産の大麦若葉・有機原料10種類を含む18種類の健康グリーン素材使用・抹茶風味で飲みやすく、様々な飲み方が楽しめる

古波蔵:うん、やっぱりおいしい!私は自宅でも毎朝飲んでいます。冬はお湯割りもいいですよね。

「えがおの青汁満菜」を試飲
林田:私も!特にお気に入りの飲み方は豆乳・はちみつと混ぜて。仕事終わりのデザート感覚ですね。

村上:私はヨーグルトに混ぜています。この一杯に18種類ものグリーン素材が入ってるんですもんね。すごい!

原田:こうして2つの商品を並べてみると色の違いも分かりますね。「えがおの青汁満菜」は見た目にも抹茶っぽさが出てる気がします。


林:「えがおの青汁満菜」はとにかくおいしさにこだわった商品です。 「青汁」と聞くと苦い、まずそうというイメージがまだありますが、健康のために続けていただくためにも、おいしくなければいけない、これは絶対でした。 先ほど色の違いの話が出ていましたが、人は食べるとき、五感すべてを使っておいしさを感じますよね。だから味はもちろん、香り、色味、口に含んだときの舌触り、のどごしなど、あらゆる点でこだわりました。そしてもちろん素材の栄養価もしっかり見て、総合的に使用する素材を決定しています。


村上:お客様応対をしていても、やはり「おいしい」というお声をたくさんいただきます。 他の青汁はなかなか続かなかったけど、「えがおの青汁満菜」はおいしいから続けられると言っていただくことが多いです。

まとめ
えがおの青汁満菜

緑の野菜の栄養素を補いながら抹茶風味でほんのり甘く、飲みやすいのがお好きな方、牛乳・豆乳で割ったり、料理に混ぜるなど、様々なアレンジを楽しみたい方には「えがおの青汁満菜」がオススメ

「えがおの青汁満菜」についてさらに詳しく見る

司会:では続いて、「ぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス」をどうぞ。

「ぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス」の特長」・主原料は日本のスーパーフード「桑葉」・厳選した色とりどりの20種類の野菜素材を使用・1日に必要な野菜350g以上※の栄養素がとれる※ビタミンC・B1・B2・B6に限る・1杯でヨーグルト3個分※、300億個のヘルパー乳酸菌配合※ヨーグルト1個100gあたり100億個の乳酸菌を含むとして


古波蔵:「ぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス」の方が、色味が濃いんですね。

村上:味も濃いのですが、甘さ控えめな分、すっきり飲めます。

林田:「野菜をとってる!」と感じられるのは「ぎゅぎゅっと活菜青汁」だと思います。


林:青汁といえば「大麦若葉」もしくは「ケール」を使用したものが多いのですが、「ぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス」の一番の特長は、やはり日本のスーパーフード「桑葉」を使用している点だと思います。 「野菜の栄養素をとりたい」と思って青汁を飲まれる方が満足されるよう、ビタミンを始めとする様々な栄養素を含む桑葉をはじめ、色とりどりの野菜素材を厳選して20種類配合しました。これはえがおの青汁シリーズの中で最も多い数です。


村上:乳酸菌も配合したのはどうしてですか?

原田:快調な日々を過ごすために、野菜や食物繊維を意識的にとられる方がいらっしゃる中で、青汁に乳酸菌を入れることで、そのお悩みにもお応えできるのではないかと考えました。 「ヨーグルト3個分※」という量にもこだわって作っています。

※ヨーグルト1個100gあたり100億個の乳酸菌を含むとして

まとめ
ぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス

色とりどりの野菜素材と乳酸菌を1杯で手軽に補いたい方、すっきりとした味わいが好きな方には「ぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス」がオススメ

「ぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス」についてさらに詳しく見る

司会:続いては「えがおのまるごと飲む野菜」から飲んでみましょう。今回はお湯で割ってホットにしました!

「えがおのまるごと飲む野菜」の特長・主原料は酸味と甘みのバランスが良い完熟トマト・16種類の野菜・果物・豆・海藻などの素材を配合・スープにしたり料理に混ぜるなど多彩なアレンジが可能


村上:トマトジュースはドロッとしたものが多いと思うのですが、 これはさらっと飲みやすい!

林田:実は私・・・トマトジュースはあまり得意ではないんですが、 入社してこれを飲んでからイメージが変わりました!

古波蔵:こうしてホットにすると、もうスープですね。


林:「えがおのまるごと飲む野菜」は、赤の野菜を中心に、緑黄色野菜や果物、豆、海藻などの健康素材をバランスよくとっていただけるように開発した商品です。林田さんのように「トマトは好きだけどトマトジュースは少し苦手」という方が多くいらっしゃるので、トマトの種類にもこだわり、酸味と甘みのバランスがとれた完熟トマトを使用しています。


原田:この商品の良いところは、本当に使い方のバリエーションが豊富なところ!お水で割る以外にもこうしてホットで割れば冬の朝には即席スープになるし、カレーやシチューに混ぜたり、オムライスを作る際にはケチャップライスをこれで作ると、とってもおいしい♡

まとめ
えがおのまるごと飲む野菜

赤の野菜の栄養素を補いたい方、スープにしたり、料理に使うなど、バリエーションを楽しみたい方は「えがおのまるごと飲む野菜」がオススメ

「えがおのまるごと飲む野菜」についてさらに詳しく見る

司会:では次に、「えがおのヨーグルトクレンズ青汁 酵素+乳酸菌」をどうぞ。

「えがおのヨーグルトクレンズ青汁 酵素+乳酸菌」の特長・主原料はスーパーフード「桑葉」・こだわりのスーパーファイト野菜※1 19種類とヨーグルト3個分※2 の乳酸菌が1杯でとれる・青汁が苦手な方でも飲みやすい「ヨーグルト味」 ※1ビタミンなどを含む元気が出る野菜のこと ※2ヨーグルト1個100gあたり100億個の乳酸菌を含むとして


村上:最初にこの商品のことを知ったとき、「青汁なのにヨーグルト味?」と「?」がいっぱいになりました(笑)。でも飲んで納得!おいしいです!

林田:私も早く飲んでみたくて、入社時の商品研修を楽しみにしていたのを思い出します。


林:この商品も「えがおのぎゅぎゅっと活菜青汁 乳酸菌プラス」同様、日本のスーパーフード「桑葉」が主原料の青汁です。青汁に苦手意識をお持ちの方に、さらにおいしく飲んでいただくにはどういう味が良いかを考え続け、100種類以上の試作を経てこのヨーグルト味になりました。


こだわりのスーパーファイト野菜*119種類とヨーグルト3個分*2の乳酸菌が1杯でとれるので、これまで青汁の味が苦手で敬遠されてきた方や、フレーバーがついていた方が続けやすいという方にはこちらの商品がおすすめです。

*1 ビタミンなどを含む元気が出る野菜のこと

*2 ヨーグルト1個100gあたり100億個の乳酸菌を含むとして

まとめ
えがおのヨーグルトクレンズ青汁 酵素+乳酸菌

色とりどりの野菜素材と乳酸菌を1杯で手軽に補いたい方、青汁の味が苦手な方にはヨーグルト味の「えがおのヨーグルトクレンズ青汁 酵素+乳酸菌」がオススメ

「えがおのヨーグルトクレンズ青汁 酵素+乳酸菌」についてさらに詳しく見る

司会:では最後に「BEAUTY BODY CONTROL Fiber Green(WEB限定商品)」をどうぞ。

「BEAUTY BODY CONTROL Fiber Green」の特長 ・1杯でレタス1.8個分相当※(約6g)の食物繊維(難消化性デキストリン)がとれる・ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ルテイン、ポリフェノールなどの栄養素も同時に補える・ほんのり甘い抹茶風味で飲みやすく、アレンジしやすい ※レタス1個300gとして


古波蔵:味はほんのり甘くて、抹茶風味ですね。豆乳とかで割ってもおいしそう。

林:「BEAUTY BODY CONTROL Fiber Green(WEB限定商品)」は、食物繊維(難消化性デキストリン)をとりたい方向けに開発した商品です。 この1杯でレタス1.8個分相当*の食物繊維がとれるようになっています。

*レタス1個300gとして


林田:お客様からも「食物繊維をとりたい」というお声をよく頂くので、そういうお客様にはピッタリの商品ですね。


原田:1日に必要な食物繊維を効率よく食事からとるのは意外と難しくて、サラダを食べるにしてもドレッシングやマヨネーズをかけたりしますし、全体の食事量も増えてしまったりしますよね。なので、ピンポイントに「食物繊維をとりたい」という方にはこの商品をうまく活用していただきたいです。

まとめ
BEAUTY BODY CONTROL Fiber Green

不足しがちな食物繊維を効率よくとりたい方、快調な毎日を送りたい方には「BEAUTY BODY CONTROL Fiber Green(WEB限定商品)」がオススメ

「BEAUTY BODY CONTROL Fiber Green」についてさらに詳しく見る



コラム一覧へ戻る

えがおの広場 詳しくはこちら

PAGE TOP