えがおコラム

2021.2.15更新

えがお流「美しい体」の作り方。ボディメイクのススメ

えがお流「美しい体」の作り方。ボディメイクのススメ

ボディメイクとは、その人が理想とする美しい体づくりに取り組むこと。
一般的にダイエットの主目的が体重を減らすことにあるのに対し、ボディメイクはただ体重を減らすのではなく、筋肉を増やしたり、基礎代謝量を上げながら理想の体、ボディラインを作ります。

なりたいカラダ像を具体的にイメージ。成功ポイント:いつまでに、何のために、どうなりたいか

えがおでは、「お客様に健康をお届けするためには、まずは社員の健康から」との想いで、健康づくりに関する様々な取り組みを行っており、その一環として仲間とともに理想のボディを手に入れる「Body Make Challenge」を実施しています。

今回は、昨年「Body Make Challenge」に参加した採用担当酒匂に取り組みの様子を聞いてみました!

ボディメイクを始めたきっかけは?

仕事が忙しい時期に、朝すっきり起きられなかったり、体が重たく感じることがありました。生活習慣を変えなきゃとは思いつつ、ずっと先延ばしにしてしまっていたのですが、「健康食品会社の社員として、これじゃいかん!」と一念発起しました(笑)

そのために… 1.規則正しい食生活を送る。2.1日1万歩以上歩く。3.2か月で体重3キロ減。

目標達成に向け、どんな努力をしましたか?

まず食べる時間の習慣化です。それまで朝食を抜いたり、夜遅い時は22時、23時に食べることもあったのですが、それを見直しました。

朝食のイメージ ・朝は起きて一時間以内に朝食をとり、体を起こす。・夜は19時〜20時以内に食事を済ませ、間食をやめる。・1日の食事量バランスを朝:昼:夜が3:4:3の割合になるように。

1日1万歩は結構大変ですよね?

まずは万歩計をつけ、常に歩数を意識するところから始めました。社内では元々健康のために全員階段を利用するようになっていますが、それでも足りないときは達成させるために散歩したり、車で行っていた買い物を徒歩や自転車に変えました。

その他にやっていたことはありますか?

コロナで比較的自宅にいる時間も多かったので、TVを見ながらでもできる簡単なトレーニングを心がけました。
結果的に目標だった3キロ減も達成し、以前に比べ体も締まりました。一番の変化は朝、寝起きが良くなったこと。体も頭もすっきりしているように感じます!

トレーニングの様子1
トレーニングの様子2

今でも習慣化できていますか?

食事は変わらず時間と量を意識できています。特に「ベジファースト(食事の最初に野菜から食べること)」は定着しましたね。
それから運動も習慣化され、新しく社会人サッカーチームの練習に参加するなど、以前よりもっと増えている気がします。
「Body Make Challenge」は2か月間の取り組みでしたが、今年は期間を延ばしてさらに美しい体づくりに継続して取り組みたいと思います!

インタビューイメージ

この時期、健康や体づくりに関する新たな目標を立てる方もいらっしゃると思います。
今年は理想の体づくりに取り組む「ボディメイク」を始めてみてはいかがでしょうか。



コラム一覧へ戻る

えがおの広場 詳しくはこちら

PAGE TOP