きずな通心 きずな通心

「友、母、傘にありがとう」

あれは昭和二十七・八年頃のことです。

雨の日、私には学校に行くのに傘がありません。
戦死した父にかわり、必死に四人の子供を育てた母。

母は、私と同級生の友に声をかけ
悪いけど傘に入れてやってくれ、
と頼むのです。

私が入れば
自分の肩も半分は濡れるのに
いやな態度も見せず
傘に入れてくれた友。
「みっちゃん」本当にありがとう。

何十年も経ったある日、母が便りで
しとしとと淋しげな雨が降ると思い出すのだと、
ひねくれもせず育ってくれた子供に感謝だと・・・。

着る物、食べる物など飽食の今日では
考えられないあの頃でした。

風で破れてしまったビニール傘にも、
ありがとうを言って処分する此の頃です。

大阪府 若井様

素敵な友人様との
思い出が心に響きました。
様々な周りの方の支えと、
若井様の優しいお人柄もあって
お母様も安心されたのだと思います。
私も、相手を思いやり大切にする
行動をしていこうと思いました!

えがお 浦田より



戻る

PAGE TOP