「黒酢」の知られざる誕生秘話や歴史をひも解く! 黒酢の歴史

黒酢は今では広く知られていますが、商品として市場に多く黒酢が出たのはここ数年のこと。
お酢の歴史は非常に古く、調味料の中でもっとも古くからあるといわれている塩と同様に古い調味料といわれています。
黒酢の歴史についてご紹介します。

大昔から調味料として料理に使われていたお酢。

お酢とお酒には深いつながりがありますが、その歴史は弥生時代まで遡ります。
日本では応神天皇の時代にお酒が献上され、その時代に中国大陸から食酢の醸造法が伝えられたといわれています。元禄時代に書かれた本朝食鑑にも、これが最も古い食酢であると記されています。
なお、当時は「辛酒」や「いずみ酢(いづみ酢)」と呼ばれていました。
一説によると、食酢の醸造が行われたのは天正時代(1573年)と言われています。
醸造業として成立したのは江戸時代の初めと言われており、食酢の主要産地であった和泉国から相模の市原、尾張の半田などに伝えられました。
江戸時代中期になると、酒粕を原料とした粕酢が作られ、寿司の広まりとともに食酢の使用量が増えていきました。

紀元前から造られていたというから驚きです。

食酢は、塩と並ぶ世界で最も古くから使用されてきた調味料の一つで、バビロニアでは紀元前5,000年頃に醸造を示す記録が残されています。また、その食酢はワインなどから作られたと言われています。

なお、「食酢」という言葉は、紀元前1,450年頃イスラエルのモーゼに記されている「Essiggenus」が最も古い記録であるとされています。 東洋では、中国の儀狄が酒を醸したと伝えられていることから、食酢もその頃に造られたと考えられており、東洋の食酢の発祥は中国だと考えられています。

世界各地で使われているお酢の原料は様々。

黒酢は、米の発酵によってできたものですが、各国で使われている食酢の原料は様々です。

例えば、ヨーロッパではぶどうを原料としたワインビネガーが、東南アジアではココナッツやパイナップルなどを原料とした食酢が醸造されています。

その他にも、穀物を原料としたモルトビネガーなどもあります。

  • 黒酢の歴史
  • 黒酢の歴史