「黒酢」に含まれるスゴいパワーの栄養成分とは?これが健康の源です。 黒酢のこだわり 「黒酢」に含まれるスゴいパワーの栄養成分とは?これが健康の源です。 黒酢のこだわり

黒酢は、一般的な他の穀物酢や果実酢よりもアミノ酸が多く含まれている事が知られています。
黒酢が一般的な他の酢に比べてアミノ酸が多くなるのは「原料」と「産地」そして「製造方法」に秘密があるようです。

黒酢の産地は、気候に恵まれている鹿児島県福山町。 黒酢の産地は、気候に恵まれている鹿児島県福山町。

お黒酢はここ数年で注目されるようになりましたが、鹿児島県霧島市福山町での黒酢の歴史は長く、実際は200年も前からこの町で黒酢が造られていたことがわかっています。

この町の特徴は、カルデラの崖壁に三方を囲まれ、残る一方は海に面した低地であることです。台地に降った雨水が一度地中に浸透してから湧き出てくるため、水温が地中に浸透した時の温度と同じようになります。そのため、水の温度が地中の時でも湧き出た時でも変わらずに保たれています。

日本の中でも、夏は涼しく冬は暖かい、過ごしやすく、恵まれた気候の地域です。
その恵まれた気候と台地の地下水、玄米、そして、黒酢に欠かせないのは薩摩焼のかめ壷 (「アマン壷」とも呼ばれる)が黒酢を造るための環境に最適でした。
このように様々な良い条件が重なり、恵まれた環境である鹿児島県霧島市福山町が黒酢の産地となりました。

厳選された原料と、手間暇を惜しまないこだわり。 厳選された原料と、手間暇を惜しまないこだわり。

この町の気候は安定しており人が住んでも住み心地の良い恵まれた気候ですが、黒酢は原料となる素材の出来によって、 味や質が影響されやすいところがあります。その為、黒酢の量産は難しいのではないかといわれています。
しかし、この町では昔から、米を国産玄米に限定して造るというところにこだわりがあり、良質な黒酢を造り上げるためには妥協をしないという姿勢がうかがえます。
壺でつくる製造方法は手作業も多く膨大な時間が掛かりますが、その苦労が味と質の良いものをつくるのだと思えば、決して妥協はしません。それは、地元の人にとっても黒酢は大切な健康の源となっているからです。

“健康に良い”身体が欲している栄養素がギュッ! “健康に良い”身体が欲している栄養素がギュッ!

伝統製法で黒酢を造るために欠かせない容器、薩摩焼でできた壺「アマン壺」。複雑とされる黒酢造りの流れをこの壺の中で行います。

黒酢造りは、麹や酵母、乳酸菌を使って発酵させるのですが、そこに約1年半という長い時間をかけます。
壺の中で熟成を待ち、発酵させるという方法が他の食酢と違うところです。(普通の食酢は、約3ヵ月程度でできます。)

長い時間をかけることで、より熟成させることができ、それによってアミノ酸が大変豊富に含まれる黒酢が出来上がります。
しかし、黒酢の栄養価が高いと言われるのは、原料だけではないのです。

恵まれた気候と地下水、アマン壺、これらの全てが揃ってこそ実現した高い栄養価なのです。

  • 黒酢の歴史
  • 黒酢の種類